初めてのミノキシジル|リアップを買った日


今から5年前の2013年5月、勇気を出して初めてリアップを買いました。

やっと「医薬品で発毛をしなければ、もう後が無い」と思った日で、
薬剤師さんと話して買う時は、ちょっと恥ずかしかったです。

例えるなら、初めてエッチな本を買った時のような、恥ずかしさと緊張が入り乱れていました。
結局、恥ずかしさより欲望が勝ったんですけどね。

「毎月7千円かかるけど、髪がフサフサになる!」
と、今から見れば単純な甘い考えをしていました。
著明改善の10%に入るには、いろんな努力や工夫も必要なのに。

そんなことは知らず、もう嬉しすぎて、車の中で記念撮影をしていました。

180516-1.jpg

浮かれ過ぎたのには理由があり、薬剤師さんからもらったリアップのチラシに、半年後は期待していいようなグラフがあったからです。

180516-2.jpg

家に帰ると、ありがたい神仏を扱うように机に立てて置き、
一人でうっとりながめた後、いよいよ震える手でご開封、
豪華なパッケージ、黒光りした頼もしい容器、丁寧な説明書に感動、

「わたしにもちゃんと塗れるだろうか」
などと新たな不安と大興奮も味わっていました。

それから1ヶ月間は、
「そろそろ大正製薬さんのお力で、髪が生えてくるに違いない」
と、一日に何回も鏡を、目を見開いて見ていました。

何も変わらなかったのですが、夢のような1ヶ月でした。
だってそれまでは、鏡を見ても貧相な姿にガッカリするだけだったのですから。

副作用

ところが、です。
生えてくるどころか、2ヶ月目には「大」初期脱毛を迎えました。
洗髪が恐ろしくなり、できるだけふわっと洗うようにしました。

そして3ヶ月目、ひどい痒みとフケに悩まされ、
ついにリアップ中止へと追い込まれていったのです。

夢も希望も無くなり、
手間とお金は無駄になり、
わたしに残されたのは、ひどい脱毛と、耐え難い痒み、汚らしいフケでした。

落ち込みながら改めて説明書を読むと、かぶれ・フケの症状がでた場合、使用を中止してくださいとあります。

わたしにドンピシャで、絶望で奈落の底へ落ちてゆきました。

180516-3.jpg

それから約1年、塗りミノキや科学的根拠のある育毛からは遠ざかりました。
「自分には発毛薬は合わないのかも知れない」と思っていたのです。

ですから、2013年はわたしの育毛・発毛の年には数えていません。
塗りミノキを再開したのは2014年8月、それからは時間をかけながら順調?に改善することになります。

誤解を招くといけませんから、訂正を申し上げますと、
リアップはけっこう効きます、前の記事の通りです
チラシのグラフは産毛のこと?おそらく年の若い人?
わたしの場合、痒みとフケの原因の1つはシャンプーが合っていなかった
ということでした。

いやぁ、懐かしいな。
2013年の自分にノウハウを教えてあげたい、5月の青葉を見るとそう思います。

目に青葉、山ほととぎす、初がつお

塗りミノキ フィナ飲み続け もう4年

今は経験を積んで、育毛の悩みはずいぶん減って穏やかです。


コメント

非公開コメント

けつお

36歳の頃から夏に髪のボリュームが減るようになり、39歳で髪の量や質が急に変化、本格的な育毛は46歳からです。

フィナステリドを飲み、ミノキシジルの塗り方の工夫(ミノタブは使っていません)、洗髪、食事、運動、生活習慣の大改善で取り組んでいます。

問題発生 →工夫 →失敗 →改善
の繰り返しで苦悩の日々です。

まだ薄い部分はありますが、本気で育毛を始めてから髪が増えなかった年は無かったので、あとは時間の問題だと思っています。

今の課題は、生え際、M字、前髪を増やすことです。眉や目には自然に届くようになりましたが、まだまだ本数が足りません。

新陳代謝もホルモン分泌も減って、
40代からの育毛って、ほんっと大変。


にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ

  現在使用中の育毛アイテム


ベタつきが少なく気に入っています。
リアップは塗り広げなくても良いそ 
うで、髪型への影響が少ないです。 


髪を整えやすく気に入ってます。



これなしで育毛は考えられません。